カテゴリ: Leica


    IMG_8594
    1: 2019/08/28(水) 20:42:13.607 ID:NmXmT7oM0

    ???


    【 続きを読む 】

    1: 2019/03/08(金) 02:02:09.43 ID:CAP_USER

    ライカカメラ社は、35mmフルサイズセンサー搭載のレンズ一体型デジタルカメラ「ライカQ2」を3月に発売する。希望小売価格は税別65万円。

    2015年6月に発売した「ライカQ」の後継機。外観のイメージや28mm F1.7の単焦点レンズを継承しつつ、35mmフルサイズの撮像素子を有効4,730万画素の新開発品に変更した(ライカQは2,400万画素)。新たに防塵防滴の保護シーリングも施し、天候を気にせず撮影できるとしている。

    設定可能な感度はISO 50-50000。ダイナミックレンジはライカQと同じ13段としている。動画記録は新たに4K/シネマ4K解像度に対応。ステレオマイクとモノラルスピーカーを内蔵している。

    クロップにより望遠効果を得る機能では、従来の35mmと50mm相当に加えて75mmの画角も選べるようになった。クロップ時のJPEG記録サイズは、35mmで3,000万画素、50mmで1,470万画素、75mmで660万画素。クロップ撮影時には、M型ライカのブライトフレームのようにクロップ枠が表示される。

    EVFは新開発の368万ドット有機EL。液晶方式だった従来モデルより高コントラストで深みのある色を実現し、電力消費も抑えたという。また、アイセンサーによる背面モニターとの表示切り換えスピードは、認識できないレベルにまで速くなったとしている。アイピース光学系の一新により、倍率は0.7倍から0.76倍に向上した。

    最短撮影距離は通常時30cm、マクロモード時17cm。マクロモードへの切り換えは鏡筒部ダイヤルを操作する。フィルター径はE49。

    シャッター速度はメカニカルで最高1/2,000秒、電子シャッターで最高1/40,000秒。最高連写速度はメカシャッターで10コマ/秒、電子シャッターで20コマ/秒。シンクロ速度は最高1/500秒(メカシャッター時)。

    従来モデルに引き続き、光学式手ブレ補正機構を内蔵。新たに手ブレ補正のオン/オフに「オート」が加わり、オート選択時はシャッター速度が1/60秒より遅い場合のみ手ブレ補正がオンになる。従来のライカQでは、手ブレ補正機構の動作による画質低下を鑑みてデフォルト設定を「オフ」にしていた。

    外装はトップカバー/背面カバーともにマグネシウム製。ライカQはトップカバーがアルミ削り出しで、背面部分がマグネシウム製だった。より剛性感があり軽量な素材だという。

    電源レバーはON/OFFの2段階に変更し、連写モードはメニュー内に移設した。背面は左手側のボタンを従来の5つから3つに減らし、それぞれのサイズを大きくしている。

    無線通信はWi-FiおよびBluetooth LE。Bluetoothは常時接続に対応しており、スマートフォンからカメラの電源をオンにしたり、必要に応じてWi-Fi通信を起動することができる。専用アプリ「Leica FOTOS」(4月3日から対応予定)と連携して、画像転送や共有、リモート撮影などが可能。

    記録メディアはSDXC/SDHC/SDカード(UHS-II推奨)。

    バッテリーはBP-SCL4(ライカSLと同じ)に変更。撮影可能枚数は約350枚。

    外形寸法は130×80×91.9mm。重量はバッテリー込みで718g、本体のみで637g。
    no title

    以下ソース
    https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1173017.html


    【 続きを読む 】

    1: 2018/04/10(火) 16:11:46.99 ID:CAP_USER

    no title

    ライカカメラジャパンは、ライカSLシステム交換レンズ「ライカ スーパー・バリオ・エルマーSL f3.5-4.5/16-35mm ASPH.」を5月に発売する。希望小売価格は税込77万7,600円。

    発売済みの標準ズームレンズ「ライカ バリオ・エルマリートSL f2.8-4/24-90mm ASPH.」、望遠ズームレンズ「ライカ アポ・バリオ・エルマリートSL f2.8-4/90-280mm ASPH.」に続く広角ズームレンズ。風景や建物をはじめ、結婚式やコンサートなどの撮影にも幅広く使えるとしている。

    AF駆動はステッピングモーター。動くフォーカスレンズは1枚で、ほぼ無音の高速AFが可能としている。最短撮影距離は25cm。

    レンズ構成は非球面2枚を含む12群18枚。最小絞りはF22。

    フィルター径はE82。レンズ前面にアクアデュラコーティングが施され、撥水効果が得られる。

    最大径×全長は88×123mm。重量は990g。
    https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1116102.html


    【 続きを読む 】

    3790cde4b7bdbf19c355dceb21c17a33dcba429d

    1: 2018/03/11(日) 16:00:33.06 ID:CAP_USER9

    1923年製ライカ、史上最高の3億1500万円で落札

    【3月11日 AFP】ドイツの老舗カメラメーカー「ライカ(Leica)」の1923年製のカメラが10日、オーストリアの首都ウィーンで競売にかけられ、カメラとしては史上最高額の240万ユーロ(約3億1500万円)で落札された。
     競売を主催した写真とカメラの博物館「ヴェストリヒト(Westlicht)」が明らかにした。

     落札されたのは0型ライカ(ヌル・ライカ)と呼ばれる機種のシリアルナンバー122で、1925年にライカが量産体制に入る2年前につくられた25台の1台。
     最低落札価格は40万ユーロ(約5300万円)に設定されていたが、新品同様の品に激しい入札合戦となった。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    AFPBB News 2018年3月11日 15:49 発信地:ウィーン/オーストリア
    http://www.afpbb.com/articles/-/3166934


    【 続きを読む 】