カテゴリ: Nikon

    product_02

    1: 2019/09/25(水) 19:51:31.920 ID:b3rt4mGqM

    順当に7500か?


    【 続きを読む 】

    1: 2019/09/04(水) 13:57:26.31 ID:CAP_USER

    ニコンは9月4日、デジタル一眼レフカメラ「ニコンD6」および望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」の開発を発表した。

    D6は「ニコンD1」(1999年)から20年続くデジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデル"D一桁"シリーズの最新機種として開発。現行モデルの「D5」は2016年に発売された。

    AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VRは、「プロフェッショナルフォトグラファーのスポーツ撮影などをより一層強力にサポートする」というFマウントの望遠ズームレンズ。

    いずれも現時点では製品名以外の詳細が不明。発売時期や価格も未定となっている。
    no title

    no title

    https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1205227.html


    【 続きを読む 】

    1: 2019/08/22(木) 17:21:37.91 ID:SSObqUSE9

     ニコンの名物としてオンラインストアなどで人気の「ニコンようかん」が販売終了となることが明らかになり、ネットでは悲しみの声が広がっている。

     販売終了は、消費税が10%に切り替わる直前の9月30日付。対象は「ニコンようかん各種」とされていることから、現行のラインアップ全てを指すものとみられる。この6月にも、限定の「ニコンF」限定パッケージが登場したばかりということもあって、突然の販売終了の報に、ネット上では悲しみの声とともに、驚きの声もあふれている。中には「本業をやめて副業のカメラ事業だけでやっていけるのか」などという愛のあふれたツッコミもあるほどだが、同社は直販店であるニコンダイレクトストア国内3店舗も10月半ばまでに順次閉店としており、今回の措置も同社の事業見直しの一環と見てよさそうだ。ちなみに主要販売ルートである同社オンラインストアでは早くも品切れが出始めており、9月30日まで在庫が持つ可能性は低そうだ。

    https://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1202631.html
    no title

    https://shop.nikon-image.com/front/ItemSummaryRefer?cateId=10400


    【 続きを読む 】

    images

    1: 2019/05/09(木) 22:05:24.59 ID:CAP_USER

    ニコンは9日、2020年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比37%減の420億円になる見通しだと発表した。デジタルカメラ市場の縮小を背景に一眼レフカメラの販売が落ち込む。前期に半導体露光装置を巡る特許訴訟の和解金として150億円の一時利益があった反動も出る。

    売上高は5%減の6700億円、営業利益は37%減の520億円を見込む。スマートフォン(スマホ)の高機能化に伴ってデジカメ市場は毎年2割のペースで縮小している。ニコンは一眼レフカメラで初級機を中心に販売減が続き、映像事業は12%の減収を見込む。

    液晶や有機EL製造に必要なフラットパネルディスプレー(FPD)露光装置は小型機の販売が落ちる。同日の記者会見で岡昌志副社長は「厳しい闘いを強いられる1年になる」と話した。

    同日発表した19年3月期の連結決算は、売上高が1%減の7086億円、純利益が前の期比91%増の665億円だった。映像事業はデジカメの販売減で18%の減収だった。半導体露光装置などの精機事業やヘルスケア事業は増収を確保した。

    ニコンは同日、22年3月期までの中期経営計画を発表した。22年3月期の連結営業利益を700億円以上(19年3月期は826億円)とする目標を掲げた。映像事業では付加価値の高い高級一眼レフやミラーレスカメラに注力。露光装置も収益性を重視した開発、販売を進める。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44583790Z00C19A5DTB000/


    【 続きを読む 】