カテゴリ: SIGMA

    Unknown

    1: 2019/07/21(日) 23:23:06.842 ID:CHr2zJhTd

    https://youtu.be/s5e580-K2z8



    SIGMA fortissimo pianissimo
    フルサイズミラーレス Lマウント
    2460万画素 裏面照射型 ベイヤー方式センサー
    画像サイズ : 6,000×4,000px 14bit DNG (RAW)
    ISO感度 : ISO100~25600 ※拡張ISO6~102400
    シャッター速度 : 30秒~1/8,000秒
    高速連写 18コマ/秒 HIGH12枚
    12-bit UHD 4K/24p DNG
    サイズ : 113 x 70 x 45mm 質量 : 422g

    マジでスマホだけでいいわって思ってたけど、世界最小かつ動画特化とかこれはめちゃ欲しい…
    フォルティッシモは良いとして、ピアニッシモてネーミングセンスは余計だが


    【 続きを読む 】

    1: 2019/07/12(金) 16:37:12.04 ID:CAP_USER

    Lマウントのフルサイズミラーレスの開発を発表していたシグマから大きなニュースが届いた。2019年7月11日、世界最小・最軽量を謳うフルサイズミラーレス「SIGMA fp」が突如発表になったのだ。発売日(今秋以降を予定)や価格は未定だが、思い切った仕様を採用することで、フルサイズながら手のひらサイズのコンパクトボディを実現した、注目度の高いカメラとなっている。今回発表になった情報をもとに特徴を紹介しよう。

    SIGMA fpは、ライカ、パナソニック、シグマの3社による「Lマウントアライアンス」に基づいて開発されたフルサイズミラーレス。Lマウントを採用し、ライカやパナソニックのLマウントレンズも使用することができる

    ユーザー本位で開発された「まったく新しいシステムカメラ」
    まず、今回発表になったSIGMA fpのコンセプトを見ていこう。シグマ初のフルサイズミラーレスということで「高性能・高機能を追求したカメラ」を想像するかもしれないが、SIGMA fpは、これまでのフルサイズミラーレスにはなかったようなコンセプトで開発されたカメラとなっている。

    シグマは、用途やシーンに応じて高性能なレンズ交換式カメラとスマートフォンを使い分けるようになった現在の撮影や表現をとりまく環境から、「デジタルカメラそのものの本質的な価値」を問い直すことを考えてSIGMA fpを開発。メーカー発想のカテゴリーやヒエラルキーに合わせるのではなく、より柔軟でリアルな「カメラのありかた」を反映した、「使うひと本位のデジタルカメラ」を目指したという。「ポケッタブル・フルフレーム」「変幻自在の拡張性」「本格的で自在な撮影性能」という3つのコンセプトを掲げ、本当に必要な要素や機構だけを吟味し、「今シグマが提案できるまったく新しいシステムカメラ」になっているという。

    「ポケッタブル・フルフレーム」のコンセプトを特に具体的に示しているのが、驚くような小型・軽量ボディを実現していること。発売日が決まっていない製品ではあるが、SIGMA fpは2019年7月現在でフルサイズミラーレスとして世界最小・最軽量を達成している。そのサイズは112.6(幅)×69.9(高さ)×45.3(奥行)mmで、重量は422g(バッテリー、SDメモリーカードを含む)。キヤノン「EOS RP」(幅132.5×高さ85.0×奥行70.0mm、約485g)、ソニー「α7」(幅126.9×高さ94.4×奥行54.8mm、約474g)と比べてもひとまわり小さくて軽く、コンパクトなAPS-Cミラーレスと変わらないサイズ感なのは驚きだ。
    no title

    https://kakakumag.com/camera/?id=14094


    【 続きを読む 】