カテゴリ: Sony

    DSC-RX10M3

    1: 2019/05/22(水) 23:37:59.021 ID:58XFatm50

    ミノルタ時代から外見が安っぽいのだ


    【 続きを読む 】

    ichigan

    1: 2019/02/28(木) 20:39:09.50 ID:HTQm+TDG0 BE:323057825-PLT(12000)

    sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
    ミラーレス一眼の市場に、35mmフルサイズのフォーマットをいち早く展開し、圧倒的優位を築いたソニーは、今年も盤石といっても過言ではない。
    昨年発売した「α7Ⅲ」は好調な売れ行きを記録している。
    その勢いはとどまることなく、先日発売された「α6400」は、APS-Cサイズのセンサー搭載機の〝フラッグシップ〟として、大きな注目を集めている。
     スポーツ取材を主とするプロの現場にも続々と導入がすすんでいる「α9」は、既に我々プロカメラマンにとって必要なツールの一つになっている。
    また、すべての機種に対してファームウエアのアップデートが充実しているのも嬉しい。
    まるで新型になったかのような劇的な変化を体験できる。

    〝産経の猫カメラマン〟を自称する記者が特に注目する新機能は、やはり「瞳AF」の動物への対応だ。
     人物撮影におけるAF測距エリアの自動選択機能は、顔認証から更に進んで今では瞳認証が当り前となっている。
     しかし、猫にレンズを向けた時の動作は実用には値しなかった。それがどれほどの精度に進化したのか期待したい。
     このように、ユーザーの声に応える対応力の幅広さからも、メーカーの本気度がしっかりと伝わってくる。
     「スピードのα9」「超高画素のα7RⅢ」「トータルバランスのα7Ⅲ」という3機種に加え、
    APS-Cの高速・高精度マシン「α6400」というラインアップの中から自分好みのボディを選択できる「αシリーズ」が、
    今年もフルサイズミラーレス一眼の市場をリードする1番手なのは間違いないだろう。

    【CP+2019】ソニー「α」シリーズのファームアップがすごい
    https://www.sankei.com/photo/story/news/190228/sty1902280012-n1.html


    【 続きを読む 】

    0213_01_01_01

    1: 2019/02/25(月) 14:53:30.89 ID:xzWdlXBZ0 BE:422186189-PLT(12015)

    sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
    ソニーから、APS-Cセンサーを搭載したαが久しぶりに登場した。本日2月22日に発売された「α6400」だ。

    現在ソニーは35mmフルサイズモデルを中心としたラインナップに注力しており、その中で投入されるα6400は、立ち位置的にはα6500の下位モデルになる。
    ただし、フルサイズαが今春手にする予定の新機能をいち早く搭載するなど、単なるAPS-Cモデルとは一線を画する製品だ。

    https://dc.watch.impress.co.jp/docs/interview/1170312.html


    【 続きを読む 】